ページヘッダー

オンライン試験

SQF Instituteでは、SQFのプラクティショナー、コンサルタント、インストラクター、および審査員が修了証書を取得するためのオンライン試験を実施しています。

「SQF制度の導入」試験

「SQF制度の導入」試験は、SQFのコンサルタントとインストラクターに必須の試験です。また、SQFプラクティショナーにとってこの試験は、SQFコードに関する知識があることを証明する手段となります。農場出荷前試験はSQFコードのパートAとモジュール2および7に対応しており、FSC 2~5のような生産物を栽培または飼育しているサプライヤーを対象としています。農場出荷後試験は、FSC 7~22、27、31~34を含む生産物の前加工と加工を行うサプライヤーに関係のあるトピックに対応しています。お客様のFSCや運営が栽培と加工の両方に対応しているかどうかわからない場合は、農場出荷後簡易試験をご検討ください。

60項目で構成される60分の「SQF制度の導入」オンライン試験の受験料は、1名様につき75米ドルです。合格するまで、最高で3回この試験を受けることができます。試験は開始から14日以内に完了する必要があります。試験に合格すると、修了証書を印刷できます。

2012年7月17日以前にLearnsomethingの「SQF制度の導入」オンラインコースを受講された方は、SQFIに問い合わせて証明書の再印刷を依頼してください。

「SQF制度の導入」試験の詳細については、『受験者ガイド』をご覧ください。

「SQF制度の審査」試験

SQF認証審査員を目指している専門家は、「SQF制度の審査」試験に合格する必要があります。

60項目で構成される60分の「SQF制度の審査」オンライン試験の受験料は、1名様につき50米ドルです。合格するまで、最高で3回この試験を受けることができます。試験は開始から14日以内に完了する必要があります。試験に合格すると、修了証書を印刷できます。

「上級SQFプラクティショナー」試験

「上級SQFプラクティショナー」試験は、経験豊富なSQFプラクティショナーの知識を評価することを目的としています。受験者は以下の前提条件を満たしていることを強く推奨されます。

  1. 指名されたSQFプラクティショナーとして、少なくとも1回はSQF認証または再認証プロセス(審査格付け「C」以上)を経験していること。
  2. HACCPトレーニングクラスを修了していること。
  3. 「SQF制度の導入」試験に合格していること。

また、受験者の方は、「上級SQFプラクティショナー」コースを修了しておくか、「是正措置および予防措置」コースや「内部監査」コースを修了しておくとよいでしょう。

「上級プラクティショナー」試験は、次のトピックの分野に対応しています。SMART食品安全性および品質の目標を設定し、改善の余地がある分野を特定して優先順位を付ける。入手可能な食品安全性および品質データを使用し、プログラムの改善の余地がある分野を分析して特定する。内部監査を実施および管理して、導入した予防措置の有効性を検証する。是正措置および予防措置(CAPA)プロセスについて理解する。根本原因分析(RCA)を実施する。継続的な改善プログラムを構築する。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software