ページヘッダー

世界中のサプライヤーの保護と推進

サプライヤーとは

サプライヤーとは、生産、製造、加工、輸送、保管、食品の流通または販売、飲料、包装または繊維に関する食品ビジネスを行う個人や業者を指します。また、サプライヤーは、食品部門にサポートサービスを提供し、認証機関にSQF制度の審査と認証を行ってもらう、または行ってもらうことに同意する人物、企業、共同組合、パートナーシップ、共同事業、ビジネス、またはその他の組織によって運営される場合もあります。

SQF認証を求める理由

消費者は、自分たちが信頼しない食品は購入しません。食品サービス提供者や小売業者が、顧客と自らを守るために製品を棚から撤去すれば、サプライヤーは自身の顧客とブランドイメージを失う危険にさらされます。

SQF認証を取得することは、顧客、食品サービス提供者、小売業者を守るだけでなく、生産者自身を守ることにもなります。SQF認証は、販売する食品ができる限り高い基準を満たすように生産されていることを生産者に保証するだけでなく、すぐにアクセスできるデータベースに生産者の連絡先情報が入力されるため、世界中の小売業者と食品サービスバイヤーは信頼できるサプライヤーを見つけることができます。

製造業者の場合、SQF認証はリスクを評価するだけにとどまりません。SQF基準の目的は、食品安全に関する事故やリコールを減らすことにあります。また、安全性と品質に焦点を当てている点で認証プログラムの中でもユニークなものであり、世界中の小売業者や食品サービス提供者がSQF認証を取得した製造業者、加工業者、流通業者を求めるさらなる理由として挙げられています。

SQF認証は政府および業界の食品安全要件に基づいているため、あらゆるレベルのビジネスでは、食品の安全性を高めるために採用した手順を証明するために必要な文書を用意しています。さらに、SQFプログラムには、鶏卵加工などの特定の分野における基準や生鮮食品包装出荷工場の運営向けに作成された専門的なガイダンス文書も含まれています。

SQF認証が自分に適しているかどうかの判断

SQF認証は、大手サプライヤー向けに限ったものではありません。SQFは、中小企業が認証を取得しやすいように、プロセスを3つのステップに分けています。レベル1ではリスクの少ない食品に適切な基本的な食品安全管理が取り入れられていることを示し、レベル3では安全・品質管理システムの総合的な実施を示します。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software