ページヘッダー

モニタリング活動

モニタリング活動は、SQFプロフェッショナルの業務、認証書、および審査の経験を監視するために実施されます。この活動には、立会い審査、審査レポートの確認、認証機関(CB)のパフォーマンスのモニタリングが含まれます。すべてのモニタリング活動は、SQFコード、審査員、およびCB基準の概要に従って実施することが求められます。

SQF認証書

SQF認証書は、SQF審査でE、G、またはCの格付けを受けたサプライヤーに対して発行されます。認証を維持するために、サプライヤーは再認証審査を年に1回行い、SQFコードで定められている期待事項に準拠する必要があります。コードの要件を満たさない場合、サプライヤーの認証書はSQFプログラムから一時停止される可能性があり、場合によっては、取り下げられる場合があります。認証書の一時停止および取り消しに関する規定を以下に示します。認証書が一時停止されたサプライヤーやシステムから取り下げられたサプライヤーは、SQFIウェブサイトに掲載されている認証サプライヤーのリストから除外されます。

SQF認証書の一時停止および取り消し(パートA、4.6、4.7)

サプライヤーが以下の状態にある場合、SQF認証書を一時停止するものとします。a)再認証審査、サーベイランス審査、または抜き打ち審査が許可されない。b)SQF審査で「F – 不合格」の格付けを受けた。c)是正処置を実施しない。d)指定期間内に是正処置を実施しない。e)認証機関(CB)の意見で、SQFコードの要件が維持されていない場合。

 サプライヤーが以下の状態にある場合、SQF認証書を取り消すものとします。a)一時停止状態にありながら、認証機関によって規定された承認済みの是正処置計画を提出していない場合、またはCBの決定に従って承認済みの是正処置を指定期間内に講じていない場合。b)記録を偽造した場合。c)SQF認証書との整合性が取れていない場合。d)サプライヤーの資産を清算する命令が下されるか、決定がなされ、管財人、収益管理人と管理人、公認管理人または暫定清算人が任命された場合(合併または再建を目的とする場合を除く)、サプライヤーが事業を停止するか破産した場合、破産あるいは支払い不能となった債務者の救済を目的として法による便益を受けることを請求する場合、債権者との取り決めまたは調停を行う場合。

SQF認証サプライヤーの追跡

SQFIは、最新のSQF認証書を保持するすべてのSQF認証サプライヤーのデータベースを提供しています。認証が一時停止された、プログラムから取り下げられた、またはSQFの登録を更新しないサプライヤーは、このリストから除外されます。SQF認証サプライヤーを検索するには、こちらをクリックしてください。

食品安全に関する事故および製品リコールの追跡

SQF認証サプライヤーは、クラスIまたはクラスIIのリコール(米国)、または規制当局による警告状の受領などの公示が義務付けられている施設で食品安全に関する事象を引き起こしたことが確認された場合、当該サプライヤーは、その事象から24時間以内にSQFIと指定CBの両方にfoodsafetycrisis@sqfi.com宛に通知する必要があります。CIPは、SQF(およびSQF以外の)認証サプライヤーのすべてのリコールを追跡し、SQFのステークホルダーにこれらのリコールの総数と上位カテゴリを含む年次サマリーを提供しています。

CBのモニタリングとレポート

SQFの認定認証機関(CB)は、SQFIによってモニタリングが実施され、SQFコード、CB基準、およびISO(国際標準化機構)の順守が保証されます17065。強みと改善の機会を特定するために、認定評価の結果が確認され、サプライヤー調査が発行されます。SQFによって、CBの活動のフィードバックと結果をまとめた四半期報告書、および各調査のコピーが各CBに提供されます。報告書には、審査に関する情報の要約、審査員の実績、SQF認証サプライヤーのリコール、SQFサプライヤー調査の格付けとスコアが記載されます。

 
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software