ページヘッダー

セーフフィード/セーフフード認証プログラム

セーフフィード/セーフフード認証プログラムは、飼料業界全体のために独自に定められた自主的な認証プログラムです。セーフフィード/セーフフードプログラムは、飼料と食品の安全を最大限に高めることを目的として、既存の規制の基準を上回る優れた水準を求める包括的な基準が定められています。食品製造のあらゆる側面において優れていることは、規制機関、顧客、米国の消費者に対する「私たちの責任、私たちの約束(Our Responsibility, Our Promise)」です。

2013年10月から実施予定のセーフフィード/セーフフード認証プログラム、ペットフード製造施設認証プログラム、およびペットフード原料施設認証プログラムの管理運営は、Safe Quality Food Instituteが行います。国際セーフフィード/セーフフード認証プログラムは、AFIAとFAMI-QSの共同プログラムであることに変わりなく、管理運営はAFIAが行います。

SQFIとAFIAが共同プログラムの実装およびマーケティングに関する協定に署名したことで、これら3つのAFIA第三者認証プログラムはSQFIが管理運営するプログラムの一部となりました。

この共同プログラムの導入およびマーケティングに関する協定は、セーフフィード/セーフフードプログラム、ペットフード製造施設およびペットフード原料施設プログラムの参加者に、以下のような多くのメリットをもたらします。

    • 審査を行う、承認された複数の認証機関(CB)の選出への自由なアクセス。
    • 世界規模で消費者と規制当局によって求められる独自の信頼性基準をすべて上回る。
    • SQFIの認証プログラムを使用することで、複数のプログラムの不整合が減り、関連する複数の審査にかかるコストが削減される。
    • SQFIプログラムが総合的なフードチェーンにおける「飼料区分」となる。
    • SQFIは世界的に認められ、高く評価されている。

セーフフィード/セーフフード認証プログラムの詳細については、こちらをクリックしてください。

SFSF施設への登録

SQF評価データベース(SQFAD)にSFSF施設を初めて登録する場合は、こちらをクリックしてください

SQF評価データベースに既存のSFSF施設を再登録する場合は、こちらからログインしてください

SQFADユーザーガイドを確認するには、こちらをクリックしてください

注:SFSF施設の登録料および再登録料はすべて250.00米ドルです。総売上高の区分についてはBを選択してください。

SFSFロゴ

 
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software