FSMAのヒトおよび動物向け食品の予防的コントロールに関する最終規則

FSMAのヒトおよび動物向け食品の予防的コントロールに関する最終規則です。予防的コントロールの最終規則は、2015年9月10日に発表され、農業従事者、消費者、食品業界および大学の専門家からの貴重な意見を含む数千に及ぶパブリックコメントが反映され、食品の安全性を確保するための柔軟で目標を絞ったアプローチが策定されました。

SQF認証を取得するには、企業は、以下の分野においてFSMAのコンプライアンスに適合する必要があります。

  • サプライヤー管理
  • 効果的な食品安全計画の立案
  • HACCPおよびHARPC
  • 環境モニタリング
  • 検証と妥当性確認
  • 管理面での努力
  • いつでも審査を受けられる体制

SQFIでは、科学的な根拠に基づき、あらゆる業界の部門全体で等しく適用され、すべてのステークホルダーから価値を認められ、グローバルに認められた一貫性のある食品安全プログラムと品質認証プログラムを実現することを目標にしています。2015 International Conferenceに是非ご参加ください。ここで当社は、ヒト向け食品の予防的コントロールの最終規則を理解するためのFSMAワークショップを開催します。また、米国食品医薬品局(FDA)の高官による、2016年以降のFSMAに関する基調講演もあります。

また、FSMAの規則案と当社の現在のSQFプログラムの比較をここで読むことができます。

FSMAの最終規則の詳細については、以下のリンクをご覧ください。

コメントする»

SQF InfoDays、カリフォルニア州サリナスにおいて10月1日に開催

SQF InfoDays Salinas 2015 - Address UPDATE-page-001

登録情報

今すぐ登録

コメントする»

SQF InfoDays、ニューブランズウィックにおいて6月18日に開催

SQF InfoDays New Brunswick 2015 USA-page-001

登録情報

今すぐ登録

当社のスポンサー

Wakefern SafetyChain-CMYK-tagline SGSロゴ Steritechロゴ

コメントする»

SQF InfoDays、イリノイ州において9月9日に開催

 SQF InfoDays Illinois 2015-page-001

登録情報

今すぐ登録

コメントする»

Safe Quality Food Instituteが倫理的な調達基準を発表

1Ethical Sourceing Code Logo NEW GREENsmall

Safe Quality Food Instituteが倫理的な調達基準を発表

責任のある調達に関する認証を行う初の食品安全プログラム

バージニア州アーリントン – 2015年3月19日 – Safe Quality Food Institute(SQFI)は本日、倫理的な調達基準を発表しました。これは、食品製造において社会や環境に対して責任のある慣行の徹底に取り組んでいる企業にとって自主的な補足となります。倫理的な調達基準は、食品の生産や加工を環境および社会に対する責務と結び付ける制度です。この制度には、サプライチェーン全体で食品の生産、収穫、製造を行う人々に目を行き届かせ、消費者の健康に配慮した、倫理的かつ透明性の高い慣行が含まれています。

SQFIの上席副社長であるRobert Garfieldによると、真面目な消費者は、食品安全基準を上回る品質の食品を求めており、食品が社会や環境に対する責任について高い基準を満たす方法で生産および加工されているという保証をこれまで以上に要求しています。

「私たちは、この高まる消費者の要求を目にして、すぐに倫理的な調達基準の策定に取りかかりました。倫理的な調達に関する認証を行う初の食品安全プログラムとなったことを大変嬉しく思います。」と、Garfieldは説明しています。「企業にとって、この認証を受けることは、サプライチェーン全体で責任のある調達を行うことを重視していることを顧客に示すことになります。」

SQFIの倫理的な調達基準では、多くの社会および環境に関する問題に対応しています。修了証書を取得するために、食品サプライヤーは、賃金のコンプライアンス、児童労働、労働安全衛生、汚染防止、大気汚染管理、賃金管理などの問題に関する審査基準を満たす必要があります。

SQFIの倫理的な調達基準の詳細については、www.sqfiethicalsourcing.comをご覧ください。倫理的な調達基準の全文、認証と導入の要件、およびその他の資料は、ウェブサイトから無料でダウンロードしていただけます。SQFIおよび業界の動向に関する最新情報を入手するには、Twitterの@SQFIFacebookでSQFIをフォローしてください。

Safe Quality Food Institute(SQFI)について

Safe Quality Food(SQF)プログラムは、厳格で信頼できる食品安全管理制度を必要とする、世界中の小売業者やフードサービスプロバイダーの皆様に認められています。SQFプログラムは、国際食品安全イニシアチブ(GFSI)によって認められた唯一の認証制度であり、一次生産者、食品製造、流通、および代理人/仲介人の管理に関する認証を行います。これにより、サプライヤーは顧客に対して、サプライチェーンのすべてのレベルにおいて可能な限り高い水準に基づいて食品が生産、加工、調理、処理されていることを保証できます。さらに、SQFプログラムはFood Marketing Institute(FMI)の1部門として、消費者の懸念に関する継続的な小売業者のフィードバックを組み込んでいます。この情報は、SQF認定サプライヤーに伝えられるため、競争相手の先に立つことが可能になります。www.sqfi.com

 

コメントする»

SQFIウェブサイトを多言語対応化

SQFの文字のロゴ

Safe Quality Food Instituteが2015年Global Food Safety Conferenceへの後援および出展を発表
SQFIが会議の週に多言語対応のウェブサイトを稼働開始

バージニア州アーリントン – 2015年3月3日 – Safe Quality Food Institute(SQFI)は本日、3月3日~5日にマレーシアのクアラルンプールで開催される2015年GFSI Global Food Safety Conferenceへの出展とゴールドレベルの後援を行うことを発表しました。世界中の食品安全への取り組みを支援しているSQFIは、会議が開催される週に新しい多言語対応ウェブサイトを稼働させる予定です。

SQFIの上席副社長であるRobert Garfieldによると、世界中の食品サプライチェーンにリンクを張りめぐらせることは、ますますグローバル化し、複雑になっている食品業界において食品の安全を保証するための鍵となります。「私たちは20年近くにわたり、世界的に認められるような一貫性のある食品安全および品質認証プログラムを開発し、提供することに力を注いできました。」と、Garfieldは述べています。「Global Food Safety Conferenceの精神において、多言語対応ウェブサイトを立ち上げ、イベントそのものを後援することで、この取り組みをさらに進められることを嬉しく思います。」

3月に稼働を開始するSafe Quality Food Instituteのウェブサイトは、英語のほか、カナダフランス語、スペイン語、標準中国語、日本語の4つの言語に対応しています。それぞれ、SQFIの4大海外市場を対象としています。SQFIは米国で展開するGFSI評価済みのスキームにすぎないものの、200か国以上でグローバルな開発に取り組んでおり、ライセンス供与されたトレーニングセンターが世界中に32か所あります。

世界50か国以上から800人を超える有能な食品安全専門家が集まるGFSI Global Food Safety Conferenceは、世界中の食品安全を進展させるために毎年開催されている独自のイベントです。会議に参加することで、同業他社とネットワークを築き、最先端の食品安全に関する知識を得て、世界的に評価されている業界の専門家とアイデアを共有する機会が得られます。

SQFIの詳細については、www.sqfi.comをご覧になるか、Twitter @SQFIFacebookでSQFIをフォローして、SQFIからのお知らせと業界の動向に関する最新情報を入手してください。

SQFIは、Global Food Safety Conferenceの1番ブースに出展する予定です。

Safe Quality Food Institute(SQFI)について
Safe Quality Food(SQF)プログラムは、厳格で信頼できる食品安全管理制度を必要とする、世界中の小売業者やフードサービスプロバイダーの皆様に認められています。SQFプログラムは、国際食品安全イニシアチブ(GFSI)によって認められた唯一の認証制度であり、一次生産者、食品製造、流通、および代理人/仲介人の管理に関する認証を行います。これにより、サプライヤーは顧客に対して、サプライチェーンのすべてのレベルにおいて可能な限り高い水準に基づいて食品が生産、加工、調理、処理されていることを保証できます。さらに、SQFプログラムはFood Marketing Institute(FMI)の1部門として、消費者の懸念に関する継続的な小売業者のフィードバックを組み込んでいます。この情報は、SQF認定サプライヤーに伝えられるため、競争相手の先に立つことが可能になります。www.sqfi.com

###

コメントする»

SQFIがFSC 25および26のGFSIベンチマークを達成

モジュール2および12画像1

SQFIが、食品セクターカテゴリー25および26に当てはまるGFSIベンチマークを達成

SQFIが、当社の食品の保管と流通プログラムが国際食品安全イニシアチブ(GFSI)のベンチマークを獲得したことをお知らせします。ベンチマークは、SQFコードのモジュール2と12が対象で、食品セクターカテゴリー25および26のことです。このモジュールは、腐敗しやすい食品や飼料または保存食を輸送および保管するための流通基準を満たしています。また、このモジュールを導入するサプライヤーも、SQF制度の要素といったモジュール2の要件を満たす必要があります。モジュール12は、加工または再梱包を行わない流通施設向けです。製品の薄切り、角切り、再ラベル付け、再梱包などの食品を加工する施設は、例えば、一箱のキュウリを受け取って、小さい箱に小分けして再梱包して、再度ラベルを付ける場合には、適用されるモジュール10を使用する必要があります。

プログラムの文書のコピーについてはこちらをクリック

2010年以来、SQFIは、適用できる部分については、すべての食品セクターカテゴリーのGFSIベンチマークを獲得しようと熱心に取り組んできました。当社では、当社のステークホルダーの方々が、腐敗しやすい食品や飼料および長期保存可能な食品や飼料を確実に輸送および保管できるよう、これらの非常に期待されている評価済みモジュールを提供します。SQFプログラムに追加されたこの最新事項は、世界の食品安全と品質認証において最も信頼される唯一の発行元になるという当社のビジョンをさらに示しています。

下の図は、SQFIのベンチマーク獲得を時系列で示したものです

モジュール2および12画像2

SQF認証を受けると、HACCPなど、輸送および保管される製品が厳しい国際食品安全要件に適合していることを保証する際に役立ちます。SQFの食品安全認証は、GFSIによって認められている唯一のプログラムです。GFSIは、一次生産者の認証を食品の製造、流通、および代理人/仲介人のマネジメント認証へと結びつけます。

流通施設において、SQF認証は、以下の点でお客様の事業に有益です。

コンプライアンス – SQFコードにおける要件は、米国食品安全近代化法(FSMA)の規則案などの多くの国際食品安全統制規則に適合しており、この規則よりも厳しいこともあります。

* 自信 – SQFは、最も厳密で世界的に認められたプログラムの1つと最新のデータ管理システムを使用して、自社ブランドと消費者を守ることができる食品安全システムです。

* 国際的な認知度 – GFSIと世界中の食品販売業者によって認められたプログラム

* 保護の強化 – SQFプログラムは、整合性と一貫性を備えたデータや情報を提供し、他のスキームよりも高いレベルの信頼性を提供します。

* 情報へのアクセス – SQFプログラム、補足資料、審査情報、およびSQF技術専門家やコンサルタントに無料でアクセスできます。

* 品質管理 – SQFプログラムには、製造レベルでの製品品質とプライベートラベル仕様の保守に特に焦点を当てた認証レベルが含まれます。

*製品損失の削減 – 仕様管理に対するSQFシステムの手法は、運用効率の向上に役立ちます。

SQFIは、プログラムとプロセスの改善方法を探求し続けています。当社の目標は、グローバルな食品安全と品質認証において、ただ1つの最も信頼されるソースになることです。SQFIでは、効率的で堅牢な管理システムの向上のために、皆様のご意見やご提案を歓迎します。ご質問、ご意見、詳しい情報については、info@sqfi.comまでご連絡ください。

コメントする»

SQFIがSQF品質達成賞の受賞者を発表

2014年10月31日

バージニア州アーリントン– Safe Quality Food Institute(SQFI)は最近、フロリダ州オーランドでの2014年度国際会議でSQF品質達成賞を発表しました。これらの7つの賞は、厳格で信頼性の高い食品安全管理システムに必要なSQFIプログラムおよびグローバルミッションへの支援と改善に貢献した個人や組織を表彰するものです。各部門の受賞者は会議の昼食会で表彰されました。

「工場から食卓へ安全な食品を届けることは、すべての食品販売店と生産者の最優先事項です。」と、SQFIの上席副社長であるRobert Garfieldは述べています。「当社の優秀業績賞の今年の受賞者は、SQF認定が単なる食品安全審査を超えて、グローバルサプライチェーンの中でチェックとバランスの機能を備えた包括的な食品安全システムに高めていく方法を示しています。」

年間最優秀SQFI審査員

資格認定されたSQF審査員として素晴らしい業績を上げた個人が表彰されます。

  • Roger Roeth氏 – Eagle Certification Group最高執行責任者/審査員

年間最優秀SQFI認証機関

あらゆる業界の部門全体に等しく適用され、すべてのステークホルダーから価値を認められた科学的な根拠に基づき、グローバルに認められた一貫性のある食品安全プログラムと品質認証プログラムを実現するという、SQFミッションの達成に大きく貢献した認可され認定を受けた認証機関が表彰されます。

  • NSF International

年間最優秀SQFIトレーニングセンター

健全な食品安全と品質の実践において、SQFミッションの達成とSQFのステークホルダーのサポートに大きく貢献した、認可されたトレーニングセンターが表彰されます。

  • Alchemy Systems

年間最優秀生産者/販売業者

SQF制度のすばらしさを実証し、SQFを推進した認証を受けたサプライヤーが表彰されます。

  • Sempio Foods Company

SQFI優秀業績賞- 業界

この賞は、食品安全分野の業界の人々と時間を共にして専門知識の共有に尽力した個人に与えられます。

  • Ecolab, Inc.、食品安全教育訓練担当上級マネージャー、Tatiana Lorca博士

SQFI優秀業績賞- サプライヤー

この賞は、施設または会社内で、継続した成長の推進を達成し、所属する施設や企業をSQFプログラムを超えるレベルに導いた個人に与えられます。

  • Lineage Logistics、食品安全およびコンプライアンス担当役員、James P. Reynolds氏

年間最優秀SQFI一次生産者

農業ビジネスに重点を置き(一次生産者)、SQF制度において優れた取り組みをした認証サプライヤーが表彰されます。

  • Taylor Farms

SQF品質達成賞の受賞者に関する詳細については、www.sqfi.comにアクセスしてください。

###

コメントする»

SQFIのコンプライアンスおよび完全性プログラム

SQFIは、当社のSQFコンプライアンスおよび完全性プログラム(CIP)に関する新しいリソースを発表します。SQFプログラムによって、SQFが確実に一貫して適用され、ステークホルダーの期待に応え、改善の余地がある分野が特定される様子をご覧ください。新しいSQFコンプライアンスページは、すべてのSQFステークホルダーがフィードバックを投稿する場所でもあります。

ここをクリックしてフィードバックを投稿し、SQFのコンプライアンスおよび完全性プログラムの詳細をご覧ください。

コメントする»

Hogan Lovellsのメモ – FDAがFSMAの規則案を発表

9月19日(金)に食品医薬品局(FDA)は、2013年米国食品安全近代化法(FSMA)の推奨される規則制定について4つの補足通知を発表しました。以下は、2013年FDA米国食品安全近代化法(FSMA)の実施方法に関する変更案へのリンクです。

HLのメモ - FDAが補足的な予防コントロールの規則案を発表…

HLのメモ - FDAがFSMAに基づく生産安全性の重要セクションの規則案を再度発表

コメントする»

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software