FSMAのヒトおよび動物向け食品の予防的コントロールに関する最終規則

FSMAのヒトおよび動物向け食品の予防的コントロールに関する最終規則です。予防的コントロールの最終規則は、2015年9月10日に発表され、農業従事者、消費者、食品業界および大学の専門家からの貴重な意見を含む数千に及ぶパブリックコメントが反映され、食品の安全性を確保するための柔軟で目標を絞ったアプローチが策定されました。

SQF認証を取得するには、企業は、以下の分野においてFSMAのコンプライアンスに適合する必要があります。

  • サプライヤー管理
  • 効果的な食品安全計画の立案
  • HACCPおよびHARPC
  • 環境モニタリング
  • 検証と妥当性確認
  • 管理面での努力
  • いつでも審査を受けられる体制

SQFIでは、科学的な根拠に基づき、あらゆる業界の部門全体で等しく適用され、すべてのステークホルダーから価値を認められ、グローバルに認められた一貫性のある食品安全プログラムと品質認証プログラムを実現することを目標にしています。2015 International Conferenceに是非ご参加ください。ここで当社は、ヒト向け食品の予防的コントロールの最終規則を理解するためのFSMAワークショップを開催します。また、米国食品医薬品局(FDA)の高官による、2016年以降のFSMAに関する基調講演もあります。

また、FSMAの規則案と当社の現在のSQFプログラムの比較をここで読むことができます。

FSMAの最終規則の詳細については、以下のリンクをご覧ください。

Leave a Reply

Your email address will not be published.Required fields are marked *

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software