Safe Quality Food Instituteが倫理的な調達基準を発表

1Ethical Sourceing Code Logo NEW GREENsmall

Safe Quality Food Instituteが倫理的な調達基準を発表

責任のある調達に関する認証を行う初の食品安全プログラム

バージニア州アーリントン – 2015年3月19日 – Safe Quality Food Institute(SQFI)は本日、倫理的な調達基準を発表しました。これは、食品製造において社会や環境に対して責任のある慣行の徹底に取り組んでいる企業にとって自主的な補足となります。倫理的な調達基準は、食品の生産や加工を環境および社会に対する責務と結び付ける制度です。この制度には、サプライチェーン全体で食品の生産、収穫、製造を行う人々に目を行き届かせ、消費者の健康に配慮した、倫理的かつ透明性の高い慣行が含まれています。

SQFIの上席副社長であるRobert Garfieldによると、真面目な消費者は、食品安全基準を上回る品質の食品を求めており、食品が社会や環境に対する責任について高い基準を満たす方法で生産および加工されているという保証をこれまで以上に要求しています。

「私たちは、この高まる消費者の要求を目にして、すぐに倫理的な調達基準の策定に取りかかりました。倫理的な調達に関する認証を行う初の食品安全プログラムとなったことを大変嬉しく思います。」と、Garfieldは説明しています。「企業にとって、この認証を受けることは、サプライチェーン全体で責任のある調達を行うことを重視していることを顧客に示すことになります。」

SQFIの倫理的な調達基準では、多くの社会および環境に関する問題に対応しています。修了証書を取得するために、食品サプライヤーは、賃金のコンプライアンス、児童労働、労働安全衛生、汚染防止、大気汚染管理、賃金管理などの問題に関する審査基準を満たす必要があります。

SQFIの倫理的な調達基準の詳細については、www.sqfiethicalsourcing.comをご覧ください。倫理的な調達基準の全文、認証と導入の要件、およびその他の資料は、ウェブサイトから無料でダウンロードしていただけます。SQFIおよび業界の動向に関する最新情報を入手するには、Twitterの@SQFIFacebookでSQFIをフォローしてください。

Safe Quality Food Institute(SQFI)について

Safe Quality Food(SQF)プログラムは、厳格で信頼できる食品安全管理制度を必要とする、世界中の小売業者やフードサービスプロバイダーの皆様に認められています。SQFプログラムは、国際食品安全イニシアチブ(GFSI)によって認められた唯一の認証制度であり、一次生産者、食品製造、流通、および代理人/仲介人の管理に関する認証を行います。これにより、サプライヤーは顧客に対して、サプライチェーンのすべてのレベルにおいて可能な限り高い水準に基づいて食品が生産、加工、調理、処理されていることを保証できます。さらに、SQFプログラムはFood Marketing Institute(FMI)の1部門として、消費者の懸念に関する継続的な小売業者のフィードバックを組み込んでいます。この情報は、SQF認定サプライヤーに伝えられるため、競争相手の先に立つことが可能になります。www.sqfi.com

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.Required fields are marked *

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software